読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海馬のかわり

最近記憶力に難がある、地方在住サーバエンジニアの備忘録です。

KVM上にArchLinuxをインストールする (with virtio)

KVMにて、virtioなディスクにArchLinuxをインストールする際のTIPSなど。

・環境

Host:
 OS:	CentOS 5.7
Guest:
 OS:	ArchLinux 2011.08.19
 CPU:	1
 Mem:	256
 HDD:	8GB

・インストール手順
1.virt-managerにて、新規仮想マシンを作成し、インストールを開始。

Media:	archlinux-2011.08.19-core-i686.iso
OS type: Linux
Version: Generic 2.6.25 or later kernel with virtio

メディアがBootしたら、通常どおりインストールを進める

# km
# /arch/setup

※インストールする際の個人的な設定は以下。

[1 Select source]
core-local

[2 Set editor]
vi

[3 Set clock]
Asia/Tokyo UTC 

[4 Prepare hard drive(s)] 
Menu:
	Auto-Prepare
Device:
	/dev/vda
Partition:
	/boot	100
	swap	256
	/		7500
	/home	(残り)
Filesystem:
	Ext4

[5 Select package]
bootloader:
	grub
Package groups:
	base
Package:(選択済みPackage以外のもの)
    dns-utils
    iana-etc
    inetutils
    iptables
    kbd
    mlocate
    net-tools
    net-cfg
    openssh
    openssl
    packman-mirrorlist
    pam
    tzdata

[6. Install packages]
完了までしばし待つ

[7. Configure system]
/etc/rc.conf
	KEYMAP="jp106"
	HOSTNAME="hoge.localdomain"
	interface=eth0
	address=(blank)
	netmask=(blank)
	broadcast=(blank)
	gateway=(blank)
	DAEMONS=(hwclock syslog-ng network sshd netfs crond)
	
/etc/pacmanmirror.conf
	## Japan
	Server = ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ArchLinux/$repo/os/$arch
	Server = http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ArchLinux/$repo/os/$arch

Root-Password
	適宜設定

[8. Install bootloader]

### virtio用設定
virtio diskを使用する場合は、下記ファイルも併せて編集する。

[7. Configure system]
/etc/mkinitcpio.conf
	MODULES="virtio_blk virtio_pci virtio_net"

[8. Install bootloader]に進んだところで、インストーラーが異常終了するため、続けて以下の設定を行う。

# vi /boot/grub/device.map
(hd0) /dev/vda
#
# grub
> device (hd0) /dev/vda
> root (hd0,0)
> setup (hd0)
> quit
#
# reboot

後は、正常にOSが起動することを確認する。

・参照
Preparing an (Arch) Linux guest
https://wiki.archlinux.org/index.php/KVM#Preparing_an_.28Arch.29_Linux_guest

以上