読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海馬のかわり

最近記憶力に難がある、地方在住サーバエンジニアの備忘録です。

簡単!CentOSでsmokeping

smokepingを使ってみたいけど、ちょっと手間がかかりそう。
そんな場合に試してみてください。

※Nixvalレポジトリがいつまで使えるかは不明です。

■検証環境
OS: CentOS 5.6 (32bit)

■設定手順
1.レポジトリの追加

※以下より、環境に合わせてrepoファイルの取得する。
・RPMforge
http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/

・epel
http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/i386/repoview/epel-release.html

・Nixval
http://repo.nixval.com/nixval-centos/5/updates/

# wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.i686.rpm
# rpm -ihv rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.i686.rpm
# rpm -ihv http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
# rpm -ihv http://repo.nixval.com/nixval-centos/5/updates/nixval-release-0.1-1.el5.i386.rpm
# sed  -i s/enabled\ =\ 1/enabled\ =\ 0/g /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
# sed  -i s/enabled=1/enabled=0/g /etc/yum.repos.d/epel.repo
# sed  -i s/enabled\ =\ 1/enabled\ =\ 0/g /etc/yum.repos.d/nixval.repo

2.smokepingの追加&設定

# yum --enablerepo=rpmforge,epel,nixval install httpd smokeping
# sed -i s/Allow\ from\ 127.0.0.1/Allow\ from\ 192.168.1.0\\/24/g /etc/httpd/conf.d/smokeping.conf
※許可するネットワークを追加

# vi /etc/smokeping/config
※設定は備考URL参照

# ln -s /usr/lib/mrtg2/* /usr/share/smokeping/lib

# chkconfig httpd on
# chkconfig smokeping on

# service httpd start
# service smokeping start

3.smokeping管理画面へのアクセス
http://ServerIP/smokeping/sm.cgi

※同梱の「SmokeTrace」(tr.html)は「The specified type of tracerouting is allowed for superuser only」
との事なので、このままでは使えない。

■参照
状態監視ツール(smokeping)構築ガイド
http://www.syon.co.jp/syontech/tech001.html

以上